UbuntuのLive DVDを作る方法

PC

日頃使っているWindows環境で、たまにLinuxを使いたい場合があります。
今回、久々にLinux(Ubuntu)のLive DVDを作って立ち上げてみましたが、かなりお手軽でGUIも充実していました。その作成手順の備忘録です。

ISOのダウンロード

はじめに 公式サイトからISOイメージをダウンロードします。
私は、Ubuntu 20.04.1 LTS をダウンロードしましたが、2.6GBほどありました。

DVDに書き込み

ダウンロードしたISOファイルをDVDに書き込みます。
Windowsなら、右クリックメニューで「ディスクイメージの書き込み」を選んで書き込めます。

 

・・・Live DVDの作成自体は以上です!
というのも、このUbuntuのインストール用DVDがLive DVDを兼ねているためです。(^_^;)

Live DVDで起動

では、作成したDVDで立ち上げてみます。

こんな感じです。
(スクショをとるために仮想環境で立ち上げてみました)

日本語を選択した状態で「Ubuntuを試す」をクリックします。

↓こちらが立ち上がった状態です。

アプリも充実しています。

あくまで一時的なLive DVD環境ですが、予想以上に作成が簡単でしたし、インストール版と同様にGUIも使うこともできました! お試しください。

タイトルとURLをコピーしました